集団で作り出す音楽の魅力

気の合う仲間とバンドを組む

バンドと言うと、ドラムやギター、ベース、ヴォーカルといった感じをイメージする方が多いと思います。
3~4人くらいでメンバーを組んで音楽を作り出していくわけですが、これがまた気持ちが良いもので、個人で音楽を楽しむのとはまた別の意味で楽しいものです。
もちろんプロを目指しても良いと思いますが、社会人になってからそこまで考える方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。アマチュアである程度人に聞かせられるようになったら、どこかでコンサートを開くのも良いですね。こういうバンドは本当に趣味としてやるのが一番楽しめるのではないでしょうか。練習帰りに飲みに行ったりするのも楽しそうですし、合宿と称して旅行に行くのも良いと思います。

社会人団体に所属する

バンドだとまずメンバーをそろえる所から始めないといけないので、面倒だという方もいらっしゃると思います。
しかし集団で合奏するのは楽しそう、という興味がある方は、社会人サークルに入るというのも良いのではないでしょうか。大体の社会人サークルは常にメンバー募集していると思いますので、ネットで検索して自宅に近い所があれば一度見学に行ってみると良いと思います。ただこういったサークルでよくあるのは商品を紹介したり勧誘したりするいわゆるねずみ講です。入ってみたら商品とか売りつけられたり宗教に誘われたりということもあるかもしれないので気をつけましょう。一番良いのは信用できる誰かの紹介で入ることです。いなければネット検索するしかありませんが、全く知らないところなら、誰かと一緒に見学に行くと良いでしょう。


この記事をシェアする